眼科医療を支えるスペシャリストとして・・・医療機関に必要とされる会社であり続けます。

働くということ

Purpose of working

私たちは、眼科の医療を支えることで社会貢献ができるこの仕事を誇りに思い業務にあたっております。医療に携われる大事な仕事であり責任がある仕事と認識しております。

求める人物像

自ら動く

与えられた仕事を遂行するだけでなく、企業目標や組織目標を達成するために何をやるべきか、自ら考え実行する

あたまを柔らかく

目まぐるしく変化する社会情勢や市場の変化に対し、柔軟な思考と広い視野で対応する

心くばり

社内外において気が利く、気が付く、気を遣うことができ、自身に関係するすべてに配慮を忘れない

社員紹介

困った時に思い出してもらえる頼れる営業マンを目指して

佐々木 圭一

郡山営業所

2006年入社 営業主任

弊社は「地域医療に貢献するドクターをサポートする」をモットーに日々営業活動に励んでおります。医療機器を通じ、医療スタッフの方々と日々コミュニケーションを取っていく中で、問題事の相談、こちら側からの提案に御納得いただけ、問題を解決することが出来ることにやりがいを感じております。また、弊社は頑張りを認めてくれる社風ですので自身で成長していこうという意欲的な方はやりがいを感じられる職場だと感じます。是非、弊社で地域医療に貢献するドクターをサポートしましよう。

考え学ぶことの先に楽しさがある

京極 史典

仙台本社

2006年入社 営業主任

ドクターや病院・クリニックやスタッフの皆様からの「ありがとう」という言葉をいただいた時は格別です。 必要な事は学ぶことや新しい経験に対し自分の考えに固執せず、挑戦する気持ちです。 自ら考え主体的に動き最後までやり抜くことが大事です。 私達と一緒に地域医療に貢献しているドクターをサポートしましょう。

全うすることで得られるものがある

髙橋 隼人

盛岡営業所

2014年入社 営業

人のために一生懸命働いていると、ふと自分の成長を感じます。日々、眼科医療へ貢献できるよう働いていると、自分にとっても大きなプラスになっていることを感じます。そういったことが確かに実感できる仕事であり職場です。岩手県出身の宮沢賢治は『雨ニモマケズ』の中で、「人への愛を忘れず大切にし、常に人のために尽くして生きる。そういう人に私はなりたい」と詠いました。私も地域を支えるドクター、そしてドクターを支えるスタッフの皆様を、陰ながら応援し、支えられる人になりたいと、日々精進しております。

失敗を恐れず成長の糧に

大貫 惇平

郡山営業所

2018年入社 営業

私達は「地域医療に貢献するドクターのサポート」を念頭に日々営業活動をしております。 研修期間中はメーカー・社内研修や先輩・上司と同行をさせていただき、はじめて眼科業界の営業をする私でも仕事にスムーズに慣れることができました。 取引先へ訪問する中で、ドクターやスタッフの方から質問を受けることがあります。 その際、質問に対しての答えだけではなく、より満足度を感じていただくためにプラスアルファの提案を心掛けています。

お問合わせ窓口

採用については、下記へお問い合わせください。

株式会社日本眼科医療センター 
仙台本社 
人事担当 田面木(たものき)

〒981-3134 仙台市泉区桂4-33-3

TEL 022-374-2226 FAX 022-374-2228